エトー、年俸16億円の3年契約でロシアリーグ行き決定か

写真拡大

 インテルに所属するカメルーン代表FWのサミュエル・エトーが、ロシアリーグのアンジ・マハチカラへ移籍することが決定したと、ロシアメディアが報じている。

 報道によると、エトーは3年契約、年俸1500万ユーロ(約16億円)という巨額のオファーを受けてアンジへの移籍を決め、近日中に正式発表があるという。

 また、インテルはエトー放出に伴い、4000万ユーロ(約44億円)程度の移籍金を得ると見られている。

【関連記事】
インテル会長がエトーの移籍を否定「現時点で可能性はない」
長友がリハビリを開始「辛いけど調子は良くなっている」
スナイデル、マンUとの接触を明かす「非公式だけど話し合った」
スナイデルが移籍について言及「自分の問題ではなくクラブ側の問題だ」
日本代表が韓国戦で見せた“余裕”。得点に絡んだ香川、清武、本田の言葉を振り返る