「ICONIA TAB A500」

写真拡大

   日本エイサーは、同社が販売するAndroid搭載タブレット「ICONIA TAB A500」が2011年7月1日の発売以来、7月のBCNランキング「タブレット端末(スレート[iPad含む])製品別売り上げにおいて、マーケットシェア16.2%を獲得し、1位になったと8月10日に発表した。

   また、Android端末での製品別売り上げにおても、「ICONIA TAB A500」がマーケットシェア54.9%を獲得しており、2位(Eee Pad Transformer TF101=26.4%)以下を大きく引き離す結果となっている。

   「ICONIA TAB A500」は3万9800円という手ごろな価格設定と、HD動画およびHDゲームのプリインストールにより、買ってからすぐに遊べる点が好評を博している。日本エイサーでは、「7月のタブレット端末機種別販売数量シェアで『ICONIA TAB A500』がiPad2を上回って1位になった主な要因として、性能・機能に妥協せず普及を意識した価格設定で提供させていただいている点がとくにエンドユーザーに受け入れられたのではないかと考えます」としている。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!