「マツダ アクセラ」(写真は北米仕様車)

写真拡大

   マツダは2011年8月8日、防府工場(山口・防府市)で、新世代技術「スカイアクティブ テクノロジー」を搭載した「マツダ アクセラ」(国内仕様車)のマイナーチェンジ車の生産をはじめた。

   「アクセラ」には、新開発の2.0リットル直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、手動変速機のようにすべりを感じさせないダイレクト感のある新型6速自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」を搭載した。これらの組み合わせで、走行性能と燃費性能を大幅に「進化」したという。今秋の販売開始を予定している。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!