ディクシットはラテン語で「(彼が)言う」の意味

写真拡大

   ホビージャパンは、コミュニケーション・ボードゲーム「ディクシット」日本語版を2011年8月下旬に発売する。

   カードには文字や数字などは記されておらず、幻想的な雰囲気のイラストが描かれているだけ。まず、プレイヤーは「語り部」役が出すお題に従い、手札の中からそのイメージに沿ったカードを裏返しにして出し合う。次に、場に集まったカードの中から、プレイヤーはお題を考えた「語り部」本人のカードを推理する。

   正解者が少ないほど「語り部」役には高得点が入るが、誰にも気づかれないと、得点はゼロ。「バレバレ」でも「的外れ」でもない、絶妙な言葉選びのセンスが問われる。また「語り部」以外のプレイヤーは、より多くのプレイヤーに「語り部」のカードだと誤認されることでポイントを得られる。

   プレイ人数は3〜6人。ドイツでは2010年の「年間ゲーム大賞」にも輝いている。続編の「ディクシット:オデッセイ」多国語版も同時に発売。

   価格は「ディクシット」「ディクシット:オデッセイ」ともに4725円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!