温風の向きを変えられるスイーベル機構や、運転状況を知らせる「光サイン」も搭載(写真は、「ランクプラス」)

写真拡大

   大阪ガスは、スタイリッシュなガスファンヒーター「RANK+(ランクプラス)」と「G grade(ジーグレード)」の7機種をモデルチェンジし、2011年8月1日から売り出した。

   「ランクプラス」は、部屋のインテリアにあわせやすい縦型フォルムデザインを採用。側面に「アルミサイドモール」という美観に優れた素材を使い、上質感を表現した。

   本体上部の方向を動かすことで温風の向きを変えられるスイーベル(旋回)機構や、プラズマクラスターイオンによる空気浄化機能や除菌イオン機能、エコ運転機能に、運転状況を知らせる「光サイン」と運転状況を音と声で知らせる「音声お知らせ機能」を搭載。また、従来の11〜15畳用に加えて、15〜21畳用(プロパンガスの場合は15〜20畳用)を新たに追加した。

   「ジーグレード」は美しいガラスのフロントパネルを採用し、上質さとスタイリッシュさを追求した。新たに除菌機能を追加。部屋に浮遊するカビ菌やウイルスを空中で分解・除去する「S‐プラズマイオン」技術で空気を浄化する。エコ運転機能も搭載。

   希望小売価格は、「ランクプラス」の11〜15畳用が7万3290円で、色はホワイト、ベージュ、ラベンダー。15〜21畳用が9万6390円で、色はホワイト。「ジーグレード」(11〜15畳用)は6万6675円で、色はホワイト、シャンパンゴールド、ピンクベージュ。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!