年間2リトッル入りペットボトル約1020本分を節水できる!

   パナソニックは、省エネ性能をもつ瞬間式温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」WEシリーズを、2011年9月20日に発売する。「便座保温切」機能で待機時の消費電力を節電し、新たに開発した「節水機構」は節水性能が向上した。

   「便座保温切」機能は、通常運転時は室温が15度以下の場合、約15度で便座を保温するもので、待機時の便座保温運転を停止して消費電力量を約1ワット時に低減する。通常運転時でも便座とシャワーを瞬時に温める独自の「W瞬間方式」、人の入室や室温を感知して節電運転をする「エコナビ」で、省エネを実現している。

   新たに開発した「節水機構」は、洗浄時の水圧調整のために排出していた「逃がし水」を削減し、年間で約2040リットルを節水する。また、便器で発生する排便臭を脱臭する「お出迎えオート脱臭」機能に、トイレの壁に蓄積する付着臭まで抑制する「ナノイー」技術を新たに搭載した。

   オープン価格。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!