マイナスイオン発生器をヘッドの部分に搭載した(写真は、「トルネオ VC‐CG511X」グランレッド)

写真拡大

   東芝ホームアプライアンスは、サイクロン式クリーナーの新製品「TORNEO(トルネオ)」(VC‐CG511X)を、2011年9月16日に発売する。

   マイナスイオンとAg(銀)の効果で、床面のゴミの静電気を抑えて床から離れやすくすることで床を拭いたように掃除できる新型床ブラシ「Agパワーイオンヘッド」(モーター式)を搭載。床ブラシにマイナスイオン発生器を搭載し、ゴミをかき取る回転ブラシに銀繊維を採用することで床面のゴミの静電気を抑え、ゴミを取りやすくした。

   また、じゅうたんやフローリングなどの床面状況を検知、識別し、床面にあわせた最適なパワーで制御する。赤外線方式の「ゴミ残しまセンサー」がゴミの有無を検知しパワーを制御して、ゴミがなくなると自動でパワーをすばやく低下するなど無駄な電力消費を抑える。こうした「エコモード運転」のときは強モード運転に比べ、消費電力量を最大約60%削減できる。

   オープン価格。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!