再春館製薬所「飲むドモホルンリンクル」

写真拡大

   再春館製薬所(熊本県)では、同社として初めてのお手当て用ドリンク「飲むドモホルンリンクル」を2011年8月1日から発売する。

   再春館製薬所は、漢方の理念にのっとり肌年齢研究を続け、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の進化に努め37年目になる。今回発売される「飲むドモホルンリンクル」は、その研究の中で培われた独自のコラーゲンをはじめとする天然由来原料を厳選して使用。安心・安全にこだわった「しわしみ対策ドリンク」として開発された。

   加齢により低下し、しわ・しみの要因となる睡眠の質、代謝、血行、ホルモンバランス、免疫といった「5大要因」。「飲むドモホルンリンクル」では沖縄伝統の薬草「クワンソウ」とリラックス効果のある「GABA」によって睡眠の質を向上させるなど、体の内側からこれらの5大要因に総合的に作用し、肌の成分を作りやすい体内環境を作ることで、「ドモホルンリンクル」と合わせ体の内側・外側からの根本ケアを実現する。

   価格は14本入り1箱で5775円、30本セットが11550円。注文はフリーダイヤル(0120-444-444)もしくは同社のサイトから。URLは、http://www.0120444444.com<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!