節電機能も!

写真拡大

   パナソニック電工ネットワークスは、給電スイッチングハブ「Switch-M24GPWR+」を2011年9月1日に発売する。

   全ポートがギガビット(1000Mbps)に対応するとともに、省エネ法の「トップランナー基準」をクリアする低消費電力化を実現。ポート毎のPoE給電容量が従来の約2倍の30Wまで対応しているので、高速化により消費電力が高くなっている無線LAN用アクセスポイントや高機能なネットワークカメラなど、さまざまな機器でのネットワークの構築に適している。

   価格は27万900円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!