武田邦彦氏が真実を語る

写真拡大

   原発に関して、国民は完全に不信感に陥った。何を信じ、誰の言葉を信じたらいいのか分からなくなっている。そうしたなか、産経新聞出版から2011年6月1日に発売された新刊本『エネルギーと原発のウソをすべて話そう』(著・武田邦彦)は"ウソ"を明らかにし、真実を教えてくれる一冊だ。

   「電気が足りないから原発なのか」「福島原発は石棺になるのか」「高レベル放射性廃棄物はどれくらい危険なのか」「火力発電で温暖化になるのか」など、われわれが気になっている疑問点を、内閣府原子力委員会の専門委員を歴任した武田氏が詳しく解説。これまで言われてきたことが、すべてウソだったと分かる。

   武田氏は、「一度ウソをつけば、そのウソを隠すためにウソの上塗りをしなければならなくなります。その積み重ねの幻想の上で国民は生きることを強いられます。そして、最終的にウソを隠しきれなくなったとき、そのツケは国民が払うことになります。このたびの福島原発の事故がまさにそれだったわけです」と記している。

   単行本、218ページ。定価1260円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!