実写映画『るろうに剣心』の神谷薫役は、武井咲に決定 (C)和月伸宏/集英社

 佐藤健が、主演・緋村剣心役に大抜擢されて実写映画化が決定した『るろうに剣心- 明治剣客浪漫譚 -』。大人気漫画の実写化ということで、キャスティングへの注目が高まっている中、ついにヒロイン神谷薫役が発表となった。選ばれたのは、武井咲。第11回全日本国民的美少女コンテストでモデル部門賞とマルチメディア賞をW受賞。その後、ドラマやCMなど活躍の場を広げている旬な女優である。

 大友啓史監督は、武井を薫役に選んだ理由を、次のように語っている。

・色々と背負うべきものが多いけど、それを糧にして成長していくという薫のキャラクターの背景が、今現在の武井さんの姿と重なった。
・無邪気な顔も持ちながら、 仕事に対して根性が据わっている。
・剣心役の佐藤健くんと並んだときのバランスも、 とてもいい。佐藤君は、重心がしっかりしている演技をする。その佐藤君が演じる剣心に、武井さんが持つ凛とした雰囲気がよく似合う。
・17歳という設定も合わせて、薫役は彼女以外考えられなかった。

 今回、大抜擢となった武井は「多くの方からすごく愛されている原作コミックの実写化ということで、すごく嬉しく、楽しみな気持ちと同時に今から大変緊張しています。撮影に向けて、殺陣の稽古や所作などいろいろ覚えることも多く、そういった一つ一つの動作に気が引き締まる思いです。この映画に携わるスタッフ・共演者の皆さんとのチームワークで、皆さんに喜んで頂けるような作品にできるよう、私も精一杯力を尽くしこの撮影に挑みたいと思っています。公開楽しみに待っていて下さい。」と意気込みを語っている。
 本作は、8月にいよいよクランクインする。まだ多くが秘密のベールに包まれているが、来年の公開が今から待ち遠しいものである。『るろうに剣心- 明治剣客浪漫譚 -』は、2012年夏公開予定。


【MOVIE ENTERおすすめニュース】
「るろうに剣心」が主演・佐藤健で実写映画化!「龍馬伝」コンビが人気作に挑む!
“浴衣”に“夏服婦警”、かわいらしい姿でイベントに登場
中川翔子も共感、ディズニー史上最も美しくミステリアスなアニメ
「鋼の錬金術師」の一番の名セリフは?世界に広がる“ハガレン”の人気