2012年春開始予定の携帯端末向けマルチメディア放送のネーミングが「モバキャス」に

写真拡大

   ISDB-Tマルチメディアフォーラム、ジャパン・モバイルキャスティング、mmbi(東京・港区)の3社は2011年7月14日、2012年春開始予定の携帯端末向けマルチメディア放送のネーミングを「モバキャス」に決めたと発表した。

   「モバキャス」は、地上アナログテレビ放送終了後の空いたVHF周波数帯域の一部を利用する、新しい放送サービス。従来のワンセグよりも10倍以上の高画質・高品質なのが特長で、スマートフォンなどで楽しめる。

   スポーツの試合中継など即時性が求められるコンテンツは、リアルタイム型放送サービス「リアルタイム」で配信する。一方、登録したキーワードに関連するコンテンツが配信される蓄積型放送サービス「シフトタイム」では、お笑いや映画紹介など好きな番組を、好きな時に楽しめるようになる。映像のほかにも雑誌、ゲーム、占いなどのコンテンツも充実。番組を見ながらその場で、ショッピングができる番組の配信も予定しているという。

   また、SNS「twitter」や「facebook」などとも連動し、番組の感想をリアルタイムで他の視聴者と共有できる。年齢や性別、番組の視聴履歴に応じて、オススメの番組を紹介するレコメンド機能もあり、好みの番組を簡単に見つけられる。そのほか、WiFiを経由して、パソコンやテレビ、車内のカーナビのモニターなどに映像を転送することも将来的には可能だ。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!