日本初の家庭用ロボット(Android)搭載の未来の家とは?三洋ホームズが開発

スマートフォンタブレットなどで人気のAndroidが新たな分野に進出した。三洋ホームズは、スマートハウスである住宅の「エネルギー管理や見える化」から一歩先の提案として、住む人に便利に役立てて快適な暮らしを実現する「未来家族」を2011年7月15日より販売を開始することを発表した。
なんと、その家は、Android OSを搭載した家庭用ロボット「MIRAI SANZO(ミライ サンゾー)」付きとのことだ。


三洋ホームズでは、「グリーン電力証書」「省エネ見える化」「緊急地震速報」「ネットワーク型蓄電池」と総合型次世代ネットワークの開発を進めてきた。スマートハウスを含む日本版スマートグリッドは、発電量や電力使用量を計測したり、再生可能なエネルギーを地産地消する管理システムだ。このスマートグリッドを身近な存在として活用できるように、住まい手とスマートハウスの間を橋渡しする存在が「MIRAI SANZO」なのだ。
Android OSを頭脳にした22cmの球形ボディとなっている。日本語も少しだけ話せ、気持ちを7食で表現する。前面にモニターを持ち、タッチで操作できる。

今回の技術は、ネットワークシステム、音声制御に対応したアンドロイドアプリケーション、コミュニケーションロボット「MIRAI SANZO」から構成されている。たとえば少し暑いなと思えば、「MIRAI SANZO」に「リビング、エアコン、ON!」というだけで、エアコンのスイッチを入れてくれるとのことだ。

ITが苦手な人にとって、ITを身近に、使いやすいようにと開発されたものだが、IT好きにとても見過ごすことができないほど、魅力的なものに仕上がっているようだ。

三洋ホームズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■Androidの記事をもっと見る
これが次世代スマートフォン!ドコモ「Xperia acro」開封レポート
スマートフォンユーザーは大容量SDカード好き!35%以上が16GB以上を利用
MM総研は2015年度にスマートフォンが74%と予測!総契約数の57%に達する
スマートフォンで読書をする時代へ!富士通、電子書籍サービス「BooksV」の魅力

スマートにプログラミング Android入門編スマートにプログラミング Android入門編
著者:堀切 堤
販売元:リックテレコム
(2011-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る