G-STARがスイスVitraと家具コレクション発表

写真拡大

 「G-STAR RAW(ジースター ロゥ)」が、アムステルダムで行われた世界最大の現代アートフェア「アート・バーゼル」会期中にスイスの家具メーカー「Vitra(ヴィトラ)」とコラボレーションしたコレクション「Prouvé RAW(プルーヴェ ロゥ)」を発表した。フランス人モダニストのJean Prouvé(ジャン・プルーヴェ)自身や彼の作品に対する想いに敬意を表して作られた家具コレクションになっている。

G-STARがスイスVitraと家具コレクションの画像をもっと見る

 「Prouvé RAW」は、「G-STAR RAW」と異業種とのコラボコレクションとして制作された「RAW Defender」や「RAW Ferry」、「RAW Cannondale」に続くクロスオーバー・シリーズ。今回はイームズのシェルチェアやワイヤーチェアを生産するメーカーとしても知られるスイスの家具メーカー「Vitra」とのコラボレーションが実現した。「Prouvé RAW」では、ジャン・プルーヴェが手掛けた作品・デザインに「G-STAR RAW」と「Vitra」のクリエイティブチームが"今"のアイデアを組み込んでクリエイトした椅子やベッド、テーブルなどコンテンポラリーな家具17型を展開。どの作品も上質さや機能性、革新性、さりげない配慮が行き届いたデザインになっている。

 ジャン・プルーヴェは、1901年にパリで生まれた建築家・デザイナー。金属工芸やエンジニアとして修行を積んだ後、家具作りに目覚め、インダストリアルプロダクトのデザインと製造を自ら立ち上げた工房でスタート。建築家やデザイナーとして多くの作品を残しており、ブラッド ピッドやマーク・ジェイコブス、NIGO®など、世界中のセレブや有名アーティストらがこぞって収集していることでも知られている。ジャン・プルーヴェに敬意を示すコレクション「Prouvé RAW」を制作した経緯について「G-STAR RAW」ブランドディレクターのシュブハンカー・レイは、「プルーヴェの伝統的な作品に内在する美とそれが人々の胸の中に巻き起こす感動に対して、G-STAR RAWがデザイン画での介入を行うことが許されたというのは大変名誉なことです」と語っており、様々なデザイナーとの家具コレクションを手掛けてきた「Vitra」のロルフ・フェールバウム会長も「70年代に初めてプルーヴェの作品に出会った時、圧倒的な感銘を受けた。実際にモノを構築するという視点を常に持ち、デザイナーであると同時に自分の工房で全ての作品をつくり出すことを信条とした作り手なのだ。私は今でこそそれなりのコレクションを持っているが、その最初の作品となったのはプルーヴェの椅子だった」と述べている。

 なお、「Prouvé RAW」は、ドイツ・ヴァイルアムラインの「Vitra」キャンパス内「Hadid Firestation」で7月31日まで展示中。このうち9型は全世界の「Vitra」取り扱い店舗でスペシャルエディションとして販売される予定だ。