長友、インテルへの完全移籍が完了「全力で頑張っていきたい」

写真拡大

 インテルへレンタルで加入していた日本代表DF長友佑都の完全移籍が完了したと、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HPが報じている。

 24歳の長友は今年1月、チェゼーナからレンタルでインテルへ加入すると、徐々に出場機会を増やしてレギュラーに定着。リーグ戦で13試合、チャンピオンズリーグで3試合に出場し、通算2得点を挙げていた。さらにコッパ・イタリアの制覇にも貢献したため、長友の完全移籍は確実視されていた。

 長友はシーズン終了後、イタリア『ANSA』の取材に対し、「インテルでプレーするのは本当にすごく嬉しいです。これからも、全力で頑張っていきたいと思います」とコメント。新シーズンでもインテルで全力を尽くしていきたいと、完全移籍を宣言していた。

 なお、長友の移籍に伴う契約で、インテルの21歳ルカ・カルディローラと17歳ルカ・ガリターノがチェゼーナへ移籍。保有権の50%はインテルが保持することで決着している。

【関連記事】
長友、完全移籍宣言「インテルでプレーするのは最高。これからも全力でがんばりたい」
伊メディア、長友の慈善活動を報道「良い選手であり偉大な人間」
長友のパートナーは来季もマイコン? 代理人がレアル移籍を完全否定
長友、インテルへの完全移籍が間近に…チェゼーナSD「合意に達した」
なでしこジャパンが白星発進、女子サッカー界の「バルセロナ」が世界の頂点を目指す