23日、経済観察報は、長江で淡水魚の稚魚が激減していると報じた。三峡ダムの影響と見られている。三峡ダムの貯水開始前と比較すると、稚魚の生息数はわずか1.7%にまで減少したという。写真は07年6月、湖北省武漢市で行われた稚魚の放流活動。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52332">

写真拡大

2011年6月23日、経済観察報は、長江で淡水魚の稚魚が激減していると報じた。三峡ダムの影響と見られている。

報告書「長江三峡工程生態・環境観測公報2010」によると、2009年5〜7月に三峡ダム下流の利江区域で観測された主要淡水魚の稚魚生息数は4200万尾。前年から76.9%減少した。三峡ダム貯水前(1997〜2002年)と比較すると、生息数はわずか1.7%にまで落ち込んでいる。

【その他の写真】

中国農業部長江漁業資源委員会弁公室の趙依民(ジャオ・イーミン)主任によると、三峡ダムの影響で水利条件、水質条件が変わったことが要因だという。ダムの影響を少しでも緩和しようと新たな試みも始められた。

6月16日からの6日間、中国水利部は三峡ダムに放水漁を増加させるよう指示した。自然の増水期を再現することで、魚に産卵期が到来したとのシグナルを送ろうという試みだ。もっとも、三峡ダム以外にも長江では次々と大型ダムの建設が予定されているだけに厳しい状況は続くと趙主任は認めている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
中国当局、三峡ダムの悪影響を認める―英メディア
地質災害懸念で240万人の移住を開始=三峡ダム建設時を上回る空前の規模―陝西省
なかなか正常運用できない三峡ダム=上流では地質災害、下流では大干ばつ―中国
三峡ダム、建設後に地震が増加、生態系への影響も―中国政府系シンクタンク
長江上流4カ所で巨大発電所の建設に着工、合計発電容量は三峡ダム2つ分に相当―中国