レトロなパッケージが新鮮

写真拡大

   コカ・コーラシステムは、1980年代に人気を博した炭酸飲料の「メローイエロー」を2011年6月27日に、また「スプライト」を2011年7月25日に、それぞれ再発売する。

   「メローイエロー」は、「とっても訳せない味」というキャッチコピーで、シトラス系のなめらかな味わいとほどよい炭酸が人気を集めた商品。今回再発売するにあたり、その特徴的なシトラスの味わいやビビッドな黄色い液色を再現した。またパッケージは、おなじみのレトロなデザインに、サーファーと波のアイコンを新たに追加し、「ゆったり」感を演出している。

   「スプライト」は、発売以来世界中で飲まれ続けてきたロングセラー商品。今回、従来の強い炭酸とレモンライム風味はそのままに、新たに保存料不使用を実現した。またパッケージは、日本初登場時の緑のガラス瓶をモチーフにしたラベルデザインとロゴマークに変更した。

   価格は、どちらも147円。(500ml)<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!