親子で、一緒に読んでほしい

写真拡大

   小学館は、子ども向けの地震の本「親子で読もう!ドラえもんの地震はなぜ起こる どう身を守る」を2011年6月23日に発売した。

   地震のメカニズムのほか、地震や津波などの災害時に子どもたちが自分で身を守る行動をとれるよう、「ドラえもん」の漫画で分かりやすくまとめている。

   また、書籍の後半には親向けの記事として「子どもを災害から守る16か条」を収録し、自宅や外出先、日ごろの防災準備などの方法について紹介している。

   監修は、危機管理アドバイザーの国崎信江氏。

   A5判、96ページで840円。緊急時に家族同士で連絡が取り合える、「サバイバルカード」付きだ。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!