「ぜひ遊びに来てほしいのじゃ!」

写真拡大

   静岡県浜松市が2011年、市制100周年を迎えることをPRするため、マスコットキャラクターの「出世大名 家康くん」が6月23日、東京・千代田区のJ-CASTニュース編集部を訪れた。

   「家康くん」は壮年期を浜松で過ごした徳川家康をモデルに、ちょんまげには「うなぎ」、着物には「三ヶ日みかん」、袴には「ピアノ」の柄と、浜松の名産品を集めたキャラクター。デザインは全国からの公募で決定されたもので、子どもからお年寄りまで「かわいい」と大人気だ。

   浜松市では今年度、年間を通してさまざまなイベントを開催する。市民が中心になって行う「100夢プロジェクト」には、浜松の人々になじみ深い音楽関連イベントを始め、スポーツ、演劇など150もの企画が集まった。

   家康くんは取材に対し、

「浜松市は7月1日に市制100周年を迎えるのじゃ。うなぎ、ギョーザ、みかんがおいしいぞよ。浜名湖の温泉も最高じゃ。浜松は日本一いいところじゃ、ぜひ遊びに来てほしいのじゃ」

と、浜松の魅力をアピールした。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!