『上司は部下のためにいる』

写真拡大

   こう書房は2011年6月2日、新刊本『上司は部下のためにいる』(著・黒岩禅)を発売した。この本は、09年6月発刊の『「最高のチーム」をつくるシンプルな仕掛け』(こう書房)に加筆・再編集したもの。TSUTAYA加盟店の中で、店長やマネジャーとして抜群の成績を残した黒岩氏が、失敗と挫折を乗り越えて、たどり着いた「太陽のマネジメント」の秘けつを明かしている。

   黒岩氏はかつて、「上司の喜びが、部下の喜び」と考えていたが、それは間違いで、「部下の喜びが、上司の喜び」なんだと、スタッフから気付かされたという。

「スタッフが仕事を喜んでできるようにマネジメントすることが、チームとしての成果を最大化すること。お客様に喜んでいただくことが、会社の喜びになることと同様に、部下の喜びが上司の喜びなのです」

   心をつかむとはどういうことか、また、「気づき力」を高めるにはどうすればいいのか、どうすれば最高のチームはつくれるのかなど、リーダーが知るべき重要なポイントを実体験などをもとに、丁寧に解説している。

   単行本(ソフトカバー)、224ページ。講演DVD付き。定価1680円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!