タテ置き・ヨコ置きが選べます

写真拡大

   バッファローは2011年6月中旬、タテ置き・ヨコ置きを選べるUSB2.0外付けハードディスク、ドライブステーション「HD-LBFU2」シリーズを発売する。

   タテ置き・ヨコ置きの両方に対応したボディーは、厚みわずか約4cm。パソコン以外にも、ハードディスク録画対応のテレビやゲーム機など各種デジタル家電にも対応している。設置は、パソコンが置かれている机の上やパソコンの側、テレビ画面の下の隙間など場所を選ばない。

   また、ファイル整理を自動的に行うソフトウェア「Easy File Sort(イージーファイルソート)」(11年7月からダウンロードできる)が利用可能で、デスクトップ上のアイコンにファイルをドラッグ&ドロップすると、あらかじめ設定しておいた所定のフォルダへ移動させて使える。

   さらに、待機時の電力消費を約3分の1に抑えるソフトウェア「ecoマネージャー」も付属。一定時間データの転送がない待機時、HDDの回転を停止して「省電力モード」に切り替える。通常待機(アイドル)時と比べて、電力消費は約3分の1となる。

   容量が2TBの「HD-LBFU2.0TU2」が1万4600円。1TBの「HD-LBFU1.0TU2」が1万400円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!