発売日が待ち遠しい

写真拡大

   ソニー・コンピュータエンタテインメントは2011年6月7日、コードネーム「NGP」としてきた、次世代携帯型エンタテインメントシステムの名称を「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)」に決定したと発表。2011年末からの順次発売を予定している。

   用意したのはWi-Fiモデルおよび3G/Wi-Fiモデル。前者が2万4980円/249USドル/249ユーロ、後者が2万9980円/299USドル/299ユーロ。

   「PS Vita」は、本体前面にマルチタッチに対応した5インチ有機ELディスプレイが搭載され、背面のマルチタッチパッドと組み合わせれば、ゲームを触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張るという立体的な感覚が楽しめる。

   ネットワーク機能を活用して、ユーザーの位置情報をもとに周囲がどんなゲームをしているかなどがわかるアプリケーション「near(ニア)」と、新開発のアプリケーション「Party(パーティ)」が標準搭載される。「Party」は、ネットワークを通じて、複数のユーザー同士がボイスチャットやテキストチャットを楽しめるというもの。ゲームのプレイの中だけでなく、別々のゲームを遊びながら、あるいはインターネットブラウザーを操作中でも利用できる。

   なお、「Vita」とはラテン語で「Life」という意味で、同商品によってエンタテインメントと現実の境界を越え、日々の「生活」をも遊びに変えきたいという思いを込めたという。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!