ドイツで震災復興チャリティーイベント開催、オークションでは長友のユニフォームが最高額に

写真拡大

 5日、ドイツ・デュッセルドルフで東日本大震災復興チャリティーイベント「ToiToiToiJapan !元気玉 from Germany」が開催された。

 MCとして参加予定だったものの、日本代表に選出され不参加となったフィテッセDF安田理大からのビデオメッセージが流されチャリティーオークションがスタート。インテルの長友佑都やドルトムントの香川真司など、海外で活躍する日本人選手13人やボーフムで活躍する北朝鮮代表FWチョン・テセのサイン入りユニフォームが出品され、最高落札額は長友のサイン入りユニフォームで1100ユーロ(約12万6500円)だった。

 その他、日本から駆けつけたHAN-KUN(湘南乃風)、MUNEHIRO(鈴木紗理奈)、THC!!などがライブを行い、イベントを盛り上げている。

 このイベントの売り上げは独日協会連合会を通じて、義援金として千葉県へ送られる予定だ。

【関連記事】
鹿島で慈善試合が開催、往年の名選手が集結…ジーコが先制ゴール
ジーコが被災地へエール「震災は神が与えた試練。くじけずに前進しましょう」
ドルトムントとの慈善試合で夢の共演が実現…香川がゴール、奥寺氏やブッフバルトらも出場
長谷部、チャリティーイベントで限定色の著書販売、売上は全額義援金に
ジーコ来日、特別インタビュー「2014年、日本はW杯のベスト4に進出する」