2日、フィリピンのアキノ大統領は、南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)における中国の活動について、国連に解決を求めると表明した。写真は三亜市の港湾からスプラトリー諸島に向け出港する巡視船。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51813">

写真拡大

2011年6月2日、フィリピンのアキノ大統領は、南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)における中国の活動について、国連に解決を求めると表明した。3日、環球網が伝えた。

フィリピン当局によると、中国は2月25日以降、6〜7回にわたりフィリピンが主張する領海内に進入した。5月には探査船がくいやブイを設置したほか、7月には最新式の油田採掘施設が投入される見通しだという。

【その他の写真】

フィリピンの抗議に対し、中国は「南海諸島および近隣の海域については、議論の余地がない、明確な主権を有している」と主張している。アキノ大統領は国連での解決を図ることを表明。同時に年内にも中国を訪問し、この問題について話し合う意向を示した。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
米国を抜き世界一のエネルギー消費国となった中国=海外の石油・天然ガス資源買収を加速―英紙
中国ハッカー「ナイトドラゴン」が米5大石油会社を攻撃=FBIが調査を開始―米誌
「中国は蚊帳の外」英露石油企業が北極圏の油田開発で合意―中国誌
大気汚染、渋滞、石油不足……自動車に食い殺される中国―中国紙
シノペック、スペイン石油大手からブラジル部門の株式40%を取得―中国メディア