NTTドコモ、KDDIと沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスは2011年7月13日から、第三世代携帯電話(3G)において、ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続を開始する。

   発表資料によると、1回あたりの送信料は、NTTドコモの場合、7月13日から3.15円となる。KDDIと沖縄セルラー電話ソフトバンクモバイルも1通あたり3.15円で提供。ソフトバンクの場合、同社の携帯電話同士でホワイトプラン加入者なら、これまで通り送受信が無料だ。また、KDDIと沖縄セルラー電話は7月13日から利用できる文字数を増やし対応する。イー・アクセスは1通あたり2.1円。イー・モバイルの携帯電話同士も1通あたり2.1円だが、指定プラン加入の場合は無料。なお、5社とも受信料については無料となっている。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!