アップルは、iOS版の仕事効率化アプリケーション「iWork」のプレゼンテーションソフト「Keynote」、ワープロソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」を、2011年6月1日からiPhoneやiPod touchでも利用可能とした。

   それぞれのアプリケーションは、Mac版iWorkおよびMicrosoft Officeとの間で書類の読み込みと書き出しができるうえ、AirPrintを使ったワイヤレスプリンティングにも対応。いずれのアプリも文書管理機能が向上し、サムネイル画像を利用して目的のファイルを素早く見つけることができたり、直感的なジェスチャー操作でグループ分けしてフォルダ内で管理したりできるようになった。

   iPad/iPad 2、iPhone 3GS/iPhone 4、iPod touch(第3および第4世代)で動作。それぞれのアプリケーションはApp Storeを通じて、各1200円で販売している。iPad版「iWork」の利用者は無償アップデートとして提供する。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!