今や誰もが当たり前のように利用している「携帯電話」。この携帯電話の普及にあたり、電話番号が足りなくなるという事態が発生しそうだ。現在、携帯電話の番号は「090」と「080」が使われているが、今後はPHSの番号である「070」を使用することが検討されることになった。


■「090」「080」番号は残り1960万番号
総務省によると、現在、携帯電話の番号に使っている「090」「080」番号は全1億8000万番号で、残りは1960万番号。これは早ければ2014年2月に番号が枯渇するという計算になるという。

■「070」番号の導入、2012年度中に制度化か
今後は「090」「080」番号を使う携帯電話と「070」から始まるPHSのナンバーポータビリティが導入される予定だ。この番号の枯渇の背景には、携帯電話のネットワークを使用する自動販売機や通信機器が急速に普及していることがあげられる。

人気映画「SEX AND THE CITY」の中で、主人公キャシーが再契約した携帯電話の始まりの番号が昔と違うということに、こんなのはいやだ、と拗ねるシーンがある。今までPHSの番号だっただけに、「070」番号が振り当てられると違和感があるかもしれないが、1億8000万番号もある番号が枯渇するということは驚きだ。

「携帯電話の電話番号数の拡大に向けた電気通信番号に係る制度等の在り方」の情報通信審議会への諮問(総務省)

■関連記事
【ニュース】携帯で手軽に寄付!ソフトバンクが震災支援の義援金プロジェクト期間を延長
【ニュース】はてな人気の「人力検索はてな」が無料に!Twitterとの連携も強化
【話題】周囲の騒音に合わせて自動で音量を調整するアプリが人気
「原発事故があったから」は単純 電力不足問題は存在するのか
【ニュース】ついにアメリカ進出!グーグルが「おサイフケータイ」導入