「プレーステーション3」向けの配信サービスから1億人の個人情報が流出した事件は記憶に新しいが、その後もソニーに対するサイバー攻撃は止まらない。ギリシャにあるソニー・ミュージックエンタテインメントのウェブサイトがハッカーの的になっていた。ソニーは24日に約8500人の個人情報が流出していたことを明らかにした。

■ファンの名前や、メールアドレス、電話番号、パスワードが流出
ギリシャのソニー・ミュージックのサイトから、所属アーティストのファンの情報が流出していた。ウェブサイトがサイバー攻撃を受けたのだという。

■ソニーはハッカーの標的に
今回のサイバー攻撃のほか、タイなどのサイトも内容が改ざんされていた。1億人の個人情報が流出された事件の後から、ハッカーの標的になり、サイバー攻撃が収まらない。今回のギリシャの流出事件ではクレジットカードの番号は含まれていなかったが、ソニーは今後もさらに続くかもしれないハッカーからの攻撃を想定し、危機管理を強化する必要があるだろう。

ソニー、ギリシャのサイトからも個人情報流出 ハッカーの標的に(産経ニュース)
■関連記事
「原発事故があったから」は単純 電力不足問題は存在するのか
【ニュース】ついにアメリカ進出!グーグルが「おサイフケータイ」導入
【話題】あなたの家は大丈夫? 扇風機の発火に注意
ビデオカメラの節電ってなんだ? 節電なハイビジョンビデオカメラ
プラズマの1000倍!光速ストリーマでパワフルに空気清浄する―ダイキンのベーシックエアコン【売れ筋チェック】