41C98iBKsxL__SS400_

夏の家庭での電力使用量はおよそ1200Wで、この半分はエアコンの使用によるものだという。この夏は多くの家庭でエアコンの使い方を見直すことになると思うが、キーになるのはやはり扇風機だ。扇風機とエアコンを併用することで、快適に使用電力を低下させることができる。
扇風機をこれから購入する人も多いだろう。扇風機購入についてのポイントをまとめてみた。


■大きなリモコンが便利! こまめにオンオフすることで節電効果も倍増


これから選ぶのであれば、リモコン付きがマスト。扇風機の近くに行かなくても体感温度に合わせて付けたり消したりすることで、つけっぱなしにすることが減る。必要に応じて、賢く使えるようにしたい。
山善のYLR-C30(オープン価格)はわかりやすいリモコンが付属されており、切り忘れ防止のために6時間での自動オフタイマーもついている。


■付けていることが気にならない「静音性」が人気!


就寝時にも付けることが多くなると予想されるため、音が静かであることが重要になってくる。東芝のF-DLN100(オープン価格)は7段階ある風力のなか、一番弱い強さで動かすとその運転音は16dBときわめて小さい。眠っているときに気になることはないだろう。


■デザインに妥協するな!長く使える気に入ったデザインを見つけよう


部屋の中である程度の場所をとる扇風機。夏も長いが、この先何年も利用することを考え、お気に入りのものを見つけるようにしよう。スタイリッシュなデザインを提供しているのはダルトンのエアサーキュレーション(オープン価格)。床付近にたまった空気を循環させてくれるので、エアコンと併用する際には使い心地も気にならない。


これから暑くなっていくにつれて、市場在庫が減っていくことが予想される扇風機。種類の豊富な今のうちに購入することをお勧めする。

■関連記事
撮ったあと見る、残す―テレビとレコーダーとの感動的なリンク【売れ筋チェック】
【話題】スマートフォン普及で電子書籍が身近になる?
【ニュース】AndroidでモバイルSuicaのサービス開始に
争奪戦も最終局面に!クラス最小ベーシックエアコン東芝「大清快」【売れ筋チェック】
【話題】もう秘密の行動はできない!? auが位置検索サービスを開始