one

梅雨入り直前、近頃の心地よい気候に外出する人も多いだろう。ドライブに出かけるとき、なんといっても心強いのがカーナビだ。近頃では個性的なカーナビがたくさん登場している。いったいどれを選ぶのがいいのだろうか?

■ファミリー向けにはもちろん、幅広い層からの人気は「ワンピース・カーナビ」


通販大手のディノスが人気アニメとコラボした「ワンピース・カーナビ」(39,800円)だ。ワンピースの世界を忠実に再現しており、“ルフィ”“チョッパー”“ナミ”といったお馴染みのキャラクターがナビゲートしてくれる。
長いドライブでも子供が飽きることもないし、大衆的なアニメだけにデートのときも彼女に面白がられそうだ。
限定販売なので、気になる人は早めにチェックしておこう。


■近未来の世界を体感!? パイオニアの「カロッツェリアサイバーナビAVIC-VH09CS」最新モデルはARスカウターモード搭載


パイオニアが5月下旬より発売する「カロッツェリアサイバーナビAVIC-VH09CS」(オープン価格)は、子供のころのコンピューターゲームの世界を実現してくれているかもしれない。大きな特徴は「ARスカウターモード」。車載カメラから撮影したリアルタイムの映像に、前方の車両との推定車間距離を通知してくれるなどのカーナビ情報を重ね合わせることができる。画面が分割され、前方のリアル映像と、通常のカーナビ画面を表示することもできる。
どことなく、未来の車を運転しているような気分にさせてくれるが、これは誰かと感動を分かち合うものではなく、自分で楽しむタイプかもしれない。少なくとも、女子にこの楽しさは伝わらない場合が多いので、自慢するのは控えたほうがいいだろう。

■仲間を乗せて走るときはこれで決まり!?アントニオ猪木ナビゲートの「闘魂ナビ」


マップラスが発売しているのは、アントニオ猪木をモデルにした「闘魂ナビ」(39,800円)。一見して見た目はシンプルな普通のカーナビだが、最大の特徴はアントニオ猪木というキャラクターを最大限に利用していることだろう。現在地を示すアイコンもアントニオ猪木。ナビゲートしてくれる声もアントニオ猪木。
「全力でぶつかれ!あと5km先…勝負の分かれ目」
「さぁ、行くぞ!あと100m…斜め右、ダァー!」
といった具合だ。
そのほか、アントニオ猪木の現役時代の様々な写真画像も収録されており、好きな人にはたまらないアイテムだろう。ノリのいい仲間とのドライブを盛り上げてくれるに違いない。


■関連
ルフィ、チョッパー、ナミがナビゲートする【ワンピース・カーナビ】
http://kadench.jp/archives/65535265.html
ディノス ワンピースカーナビ
http://www.dinos.co.jp/p/1105402844/
パイオニア カロッツェリアサイバーナビAVIC-VH09CS
http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/
マップラス 闘魂ナビ
http://maplus-navi.jp/e115mpink


■関連記事
10年間フィルター交換が不要!手間いらずで清潔が手に入る除湿・乾燥機【売れ筋チェック】
【話題】震災でも活躍!「つぶやき」は立派なメディアだ
あなたはどちら? 人気42インチテレビ ビエラとWooの選ぶポイント【売れ筋チェック】
【話題】「ビックカメラ楽天市場店」オープン!増えるユーザーの選択肢
1位を独走し続けるプラズマクラスター搭載シャープ サイクロン掃除機【売れ筋チェック】