東芝がスイスに本拠を置くスマートメーター製造大手のランディス・キア社を買収することがわかった。買収総額は2000億円に上る見込みだ。これまでも東芝の買収は予想されていたがついに最終調整に入ったという。

スマートメーターは通信機能付き電力量計で、通信回線を通じて電力の需要動向を細かく把握することができる。これは太陽光や風力など再生可能エネルギーを大量に導入する際に必要になる。

東芝は官民ファンドの産業革新機構やほかの企業からの出資も募り、今回の買収を行う予定だ。ランディス・キア社は1896年に創業の世界最大手で2008年の売上高は1100億円だった。

東芝、スマートメーター大手を買収へ 買収額2千億円(asahi.com)
http://www.asahi.com/business/update/0517/TKY201105160691.html

■関連記事
簡単きれいな写真を撮るで分かれる二つのコンデジ【売れ筋チェック】
【話題】ワンピースから猪木まで!? 面白カーナビ急増中!
最安値は2万円台!他を寄せつけない強さで5連覇達成中の冷蔵庫【売れ筋チェック】
米トヨタ「カローラ」と「初音ミク」のコラボ動画がもうすぐ90万再生
デットヒートを制し再び首位を奪取したスピーディーな動きが快適なソニーブルーレイディスクプレーヤー 【売れ筋チェック】