ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアの活用に乗り出す企業が増えてきた。電通パブリックリレーションズとサイバー・コミュニケーションズは、国内の企業や団体がソーシャルメディアを導入する際に、共同でサポートするパッケージサービスを、2011年5月10日から開始した。

   サービス名は「ソーシャルメディア スターターパック」。最初の段階では、顧客企業、団体に対して競合他社のプロモーション事例や運用実態といった「事前調査」を実施し、ソーシャルメディアの全体像をつかむための勉強会を実施する。また、顧客の企業文化や事業内容に合わせた「利用ガイドライン」を策定する。

   実際にツイッターやフェイスブックを運用する段階では、その環境の整備を支援。ツイッター導入する顧客に対しては、その活用によるマーケティング活動の効果測定やニュース配信を、またフェイスブックの場合は広告や「フェイスブックページ」作成をサポートする。マーケティング以外にもリスク管理や、ブランディングがかかわってくる。そのため、ツイッターなどの立ち上げ時のリスク対応をコンサルティングし、顧客側で運用していくためのスキルを習得してもらうトレーニングプログラムが実施される。

   料金は、事前調査と勉強会のみを希望する場合は80万円、フェイスブックのパッケージサービスは330万円、ツイッターは400万円。当初は日本語のみでの提供だが、将来は英語ほか他の言語での対応も検討しているという。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!