ソニーのインターネットサービスから計1億人の個人情報が流出した問題で、ソニーは5月15日、ゲーム配信サービス「プレイステーション ネットワーク(PSN)」などの一部サービスを米国や欧州などで再開すると発表した。

サービスを再開したのは、プレイステーション3やPSPなどを利用してのPSNでのオンライン対戦ゲームや、音楽など配信サービス「キュリオシティ」を利用しての音楽の再生などになる。

これらを管理する複数のサーバーは外部からの不正アクセスを受け、4月20日(米国時間)以降サービスを停止していた。

ソニーはサービスの一部再開にあたり、不正アクセスを監視するソフトウエアを追加したり、高度なセキュリティー技術を導入することで、安全管理を徹底したとしている。

なお、日本やその他アジア地域でのサービス再開も近日中に行う予定で、両サービスの全面再開は今月中を目指している。


PlayStation NetworkおよびQriocity(キュリオシティ)サービス再開について
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201105/11-0515/

■関連記事
【ニュース】Android端末ユーザーに警告!公衆無線LANは決して使ってはいけない!!個人情報流出のリスクが発覚。
【ニュース】マイクロソフトがノキア・モバイル部門を買収!?の噂
【ニュース】電力業界再編を睨んで? 東芝がスマートメーター大手を買収へ
3週連続トップを飾ったリーズナブルなブルーレイレコーダー パナソニック DIGA BR585【売れ筋チェック】
【ニュース】人気の機種が続々スマートフォンに! auが夏モデルを発表