2011年は、テレビ買い換え年といってもいいほど、日本中でテレビの買い換えが進んでいる。それに伴い、メーカーからも相次いで新製品も投入され、テレビの機能もまさに日進月歩だ。

消費者にとっては、どれを買うか悩んでしまうほど、売れ筋の42インチテレビ帯には、バラエティー溢れる製品が多い。

テレビ選びに迷ったときは、メーカーの商品開発哲学に注目して選ぶのもひとつの手だ。

2011年4月25日から2011年5月1日、GfK Japanが全国有力家電量販店のPOSデータを集計した数量順ランキングでは、プラズマテレビのNo.1の座にはパナソニックのビエラTH-P42S2があいかわらず不動の地位を更新している。実売価格は8万4800円。最安値ではついに5万4500円と、前週より300円上がった。

■プラズマディスプレイパネルの無鉛化を世界初で実現
2006年度から新製品のすべての機種において、プラズマディスプレイパネルの無鉛化を実現したのが、このパナソニックというメーカーだ。鉛のほかにも特定有害物質(水銀・カドミウム・六価クロム・ポリブロモビフェニル(PBB)ポリブロモジフェニルエーテル(PBDE))の6つも製品に使用していないため、製品廃棄後の環境負荷物質による汚染の可能性を抑えているのだ。

■こんな人向け エコは身近なことから 
市場にモノがあふれる今日、メーカーの環境問題に対するもの作りの姿勢という観点から商品を選ぶというのも、身近なエコ協力となる。

環境を気にしながら、直接できることがないと思っている人も、こうした身近なところから参加してみてはいかがだろうか。

コストパフォーマンスの高さで圧倒的人気のプラズマテレビ【売れ筋チェック】
http://kadench.jp/archives/65538669.html
パナソニック プラズマテレビ ビエラS2シリーズ
http://panasonic.jp/viera/products/s2/p_top.html

(小松ミユキ)

■関連記事
【話題】スマートフォンは就活必須アイテムになるのか?
部分乾燥もお任せ!家中どこでも持ち運べるコロナ除湿機がV2達成【売れ筋チェック】
国産メーカーではダントツの安さ ベーシック全自動洗濯機 東芝 AW-42SJ【売れ筋チェック】
常勝デジタルビデオカメラはバランスが命!パナソニックが勝利した条件【売れ筋チェック】
【ニュース】夏の電力不足、心配しなくても大丈夫なのか