洗濯容量5.0kg未満の全自動洗濯機は、商品のバリエーションが比較的少ない。このクラスで、圧倒的な売れ行きを誇るベーシック全自動洗濯機、東芝 AW-42SJの魅力をさらに掘り下げてみよう。

GfK Japanが全国有力家電量販店のPOSデータを集計した数量順ランキングによると、前週に引き続き現在(2011年4月18日から2011年4月24日)も売れ行きNo.1の洗濯機は、東芝の全自動洗濯機AW-42SJ。実売価格は2万2800円、最安値は1万8652円で先週から変化なし。根強い人気の裏には「静音機能」があった。

■「思ったより運転音が静か」という声が多い
まず同レベルの商品と比べてみよう。

東芝
AW-42SJ-W [全自動洗濯機(4.2kg) ピュアホワイト]
運転音(洗濯) [db] 38db
運転音(脱水) [db] 46db
実売価格:¥22,800

サンヨー
ASW-45D(WB) [全自動洗濯機(4.5kg) ホワイトベーシック it'sシリーズ]
運転音(洗濯) [db] 40db
運転音(脱水) [db] 48db
洗濯槽種類  ステンレス槽
実売価格:¥24,800

シャープ
ES-FG45K-A [簡易乾燥機能付き洗濯機(4.5kg) ブルー系]
運転音(洗濯) [db] 35db
運転音(脱水) [db] 46db
ボディ幅 [mm] 520mm
実売価格:¥26,400

実際に運転音のスペックを並べてみると、洗濯・脱水ともに数字としては2デシベル程度の違いしかない。ただ、このクラスでは珍しいステンレス槽を備え、無印良品へのOEMでおしゃれなイメージのサンヨーASW-45Dには、運転音の甲高さを感じるユーザーの声があがっている。

また、ニオイやカビの発生を防ぐ銀イオンで衣類をコーティング機能が人気のシャープES-FG45K-Aは、低めながら音色に特徴があるため気にする人もいるようだ。

基本的な機能はあまり変わらない5.0kg未満のクラスだが、東芝 AW-42SJは非常にバランス良く仕上がっているゆえの売上No.1であることがうかがえる。


■夜に洗濯をする一人暮らし向け
2万円台前半というお手頃価格で一人暮らし向け。特に夜に洗濯をする働く人に向いているかもしれない。


シンプルこそ美しい―徹底的に無駄を省く全自動洗濯機【売れ筋チェック】
http://kadench.jp/archives/65537088.html
東芝 全自動洗濯機 AW-42SJ
http://www.toshiba.co.jp/living/laundries/aw_42sj/


(小松ミユキ)

■関連記事
さりげなくユーザーをサポートする、優しくてタフなコンデジ【売れ筋チェック】
貫禄の4週連続首位!軽いのに強力な吸引パワーとプラズマクラスター搭載のシャープ サイクロン掃除機【売れ筋チェック】
エコは身近から!安くて人気のプラズマテレビにみるモノ造りの哲学【売れ筋チェック】
REGZA独走か?インターネット動画のテレビ視聴でも一歩リードの 32V液晶REGZA【売れ筋チェック】
【話題】危険は原発だけではない!ケータイの電磁波やユッケ問題の危ういところ