ファンに囲まれポーズを決めるドナルドダック

写真拡大

   東日本大震災の影響で休園していた東京ディズニーシー(TDS)が2011年4月28日、約1か月半ぶりに運営を再開した。

   運営するオリエンタルランドでは15日に東京ディズニーランド(TDL)の営業を再開、23日からは夜間営業を復活させており、これでおおむね震災からの復旧を果たした形だ。

客足はTDL再開時の「だいたい半分くらい」

「やっと『日常』が戻ってきた感じです。今はとにかく早く入りたい」

と笑顔で語ったのは、最前列で開場を待っていた群馬県の女性。年間パスポートも持っているという、熱心なディズニーファンだ。

   早朝天気がすぐれなかったこともあり、ある来場者の見立てでは客足は15日のTDL再開時の「だいたい半分くらい」。それでも同社によれば3000人もの人々が開場前に集まったといい、天候も9時の開場前にはすっかり好転した。ゲートが開くとともに、来場者はいっせいにお目当てのキャラクターの周りに集まり、記念撮影や抱擁で再会を喜んだ。

   またTDSといえばキャラクターだけではなく、作りこまれた水辺の致景も魅力の1つ。これまで何度もTDSを訪れているという女性2人組は「シーは風景が好き。癒されるし、落ち着くんです」と嬉しそうに話した。

   なおTDSでは再開と同時に、新たに「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」、「テーブル・イズ・ウェイティング」、「ファンタズミック!」の3企画をスタート。「グリーティングトレイル」は待ち時間が2時間を超える人気となっていた。

   ネックとなっていた電力問題については、噴水などの一部停止や、店舗などでの消灯で対応していく。あるレストランの従業員は「意外と手元が暗いですね」とつぶやいたが、少なくとも明るい時間帯には気にならない程度のものだった。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!