【「東日本大震災」復興支援】オーデマ ピゲ ジャパンが復興支援キャンペーン『SUPPORT JAPAN』を開始

AP-logo-black_PR(CMYK).jpg2011年4月26日、AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)は東日本大震災 被災地復興支援キャンペーン『SUPPORT JAPAN』の開始を発表しました。

本プロジェクトでは、売り上げの寄付、チャリティーオークション、募金、無料修理などを含めた、6つの支援活動を行います。
今回のプロジェクトによる復興支援金を総額1億円を目標としており、全額を日本赤十字社を通じて寄付する予定です。


東日本大震災により甚大な被害を受けた被災地の復旧ならびに復興を目的とし、支援活動『SUPPORT JAPAN』が開始されます。


AP_supportjapan_logo.JPG『SUPPORT JAPAN』ロゴ。


このプロジェクトに際してオーデマ ピゲ ジャパン株式会社の代表取締役兼最高経営責任者である麦野豪氏は、

「被災地に対してオーデマ ピゲ ジャパンが企業として果たすべき社会的および企業的責任について、約1ヵ月間考慮しました。本社とも協議した上で、オーデマ ピゲ ジャパン主導のもと、『SUPPORT JAPAN』を立ち上げる事にいたしました。

『SUPPORT JAPAN』は一過性ではなく、中長期に渡って継続的にかつ有機的な視野に立って行う事が必要で、オーデマ ピゲ ジャパンだけではなく、さらに世界中のオーデマ ピゲからの賛同と協力を得ての支援活動となります。オーデマ ピゲ ジャパンは、『SUPPORT JAPAN』を通して、被災地の方々の1日も早い復興を願っています。」
とコメントしています。

プロジェクトの概要は以下の通りです。

【1. 『SUPPORT JAPAN』限定モデル『ロイヤル オーク オフショア ギンザ 7 フォージド カーボン』の売り上げ10%を寄付】

2011年7月に発売される『ロイヤル オーク オフショア ギンザ 7 フォージド カーボン』は、ブティック銀座のみで販売され、200本限定モデルです。315万円(税抜・予価)の10%を寄付します。
(『ロイヤル オーク オフショア ギンザ 7 フォージド カーボン』の詳細は後日発表)

26205AU.OO.D002CR.01_02_PR(CMYK).jpg『ロイヤル オーク オフショア ギンザ 7 フォージド カーボン』315万円(税込・予価)

【2. セレブリティのサイン入り『SUPPORT JAPAN』オリジナル壁掛け時計をチャリティオークションし、収益金の全額を寄付】

世界各国のオーデマ ピゲのアンバサダーをはじめ、『SUPPORT JAPAN』に賛同しAPを愛好する著名人のサイン入り『SUPPORT JAPAN』オリジナル壁掛け時計(非売品)をオークションし、収益金の全額を寄付。
F1レーサーのミハエル・シューマッハ、ヤルノ・トゥルーリ、小林可夢偉、サッカー選手のメッシ、プロゴルファーのリー・ウェストウッドやジェイ・Z&ビヨンセ、アーノルド・シュワルツネッガーら総勢50名がサインの協力を予定しています。

なお、サイン入り時計は、オーデマ ピゲ ブティック銀座にディスプレイし、オークション価格がブティック銀座の特設サイト内にて随時更新されます。
特設サイトはこちら(4月28日よりアップ予定)

SUPPORT_JAPAN_Clock.jpg
『SUPPORT JAPAN』オリジナル壁掛け時計。


【3. 『ロイヤル オーク オフショア ギンザ 7』のシリアルナンバー7(2モデル)をオークションし、売り上げの一部を寄付】

オーデマ ピゲ ブティック銀座でのみ発売の限定モデル『ロイヤル オーク オフショア ギンザ 7』(ステンレスモデルとフォージドカーボンモデルの2モデル)のシリアルナンバー7が、ブティック銀座のサイトにてオークションされます。
シリアルナンバー7は、限定モデルの中でも最も人気のある番号で、通常プレミアム価格がつくこのモデルの売り上げの一部を寄付します。


【4. チャリティ−イベントを開催し、オークションで集まった全額を寄付】

昨年から予定していたゴルフイベント『AP Japan Cup』(年4回開催)をチャリティーイベントとし、賞品のオークションが予定されています。また、7月に開催予定の新製品発表パーティも『SUPPORT JAPAN』のイベントといたします。


【5. 世界に20店舗あるオーデマ ピゲ ブティックに義援金箱を設置】

銀座をはじめ、世界14カ国20店舗あるオーデマ ピゲ ブティック全店に『SUPPORT JAPAN』の義援金箱を設置。募金した方には『SUPPORT JAPAN』の缶バッジをプレゼント。


【6. 被災されたAPの時計修理は工賃無料で復旧】

今回の震災で被災されたオーデマ ピゲの時計のメンテナンスについては、今後1年間工賃を無償で復旧。


なお、オーデマ ピゲでは、全て時計の売り上げの一部を環境保護に役立てるべく、1992年に「環境保護と意識改革を軸に、世界の森林保護の貢献に取り組むこと」を趣旨に、AP財団を設立。この度の東日本大震災に向けても、AP財団では支援の方向でプランを進めています。


 【問】オーデマ ピゲ ジャパン tel: 03-6830-0000
 URL:http://www.audemarspiguet-ginza.jp/



■関連記事
【バーゼル新作情報】オメガが 『シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ』を発表
【バーゼル新作情報】パテック フィリップが 『パテック フィリップ5270』を発表
【バーゼル新作情報】タグ・ホイヤーが『カレラ ヘリテージクロノグラフ』を発表
【バーゼル新作情報】ブランパンが 『L-エボリューション トゥールビヨン ラージデイト』を発表
【バーゼル新作情報】ベダ&カンパニーが『No.8』を発表
【バーゼル新作情報】ハリー・ウィンストンが『オーパス11』を発表
【新作情報】ショーメから『ダンディ・エディション・アーティ オープンフェイス』を発表
【バーゼル新作情報】タグ・ホイヤーが『マイクロタイマー フライング 1000 コンセプト クロノグラフ』を発表
【バーゼル新作情報】ウブロから『MP-2 キー・オブ・タイム』が発表
【バーゼル新作情報】パテック フィリップ 『パテック フィリップ5208モデル』を発表