Sony Tablet

ソニーは、26日、タブレット端末“Sony Tablet”(ソニータブレット)を発表した。
“Sony Tablet”は、「リッチ メディア エンタテインメント」を提供するS1(コードネーム)と、「モバイル コミュニケーション エンタテインメント」を楽しめるS2(コードネーム)の2機種を展開。両機種ともに、2011年秋以降に順次、全世界で発売を開始する予定だ。

“Sony Tablet”は、タブレット端末向けに最適化したグーグル社の最新の“アンドロイド3.0”を採用。WiFiやWAN機能を搭載することで、ウェブブラウジングやメールはもちろんのこと、インターネット上でビデオやゲーム、電子書籍など様々なコンテンツをいつでもどこでも快適に楽しめるような優れた使い勝手を実現する。

■ニュースリリース
様々なネットワークサービスを快適に楽しめる、独自デザイン採用の
アンドロイド3.0搭載タブレット端末“Sony Tablet”を発表
〜伸長を続けるPC市場に向けてはVAIOを強化〜
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201104/11-055/

(編集部)

■関連記事
待ちに待った! 今度は白のiPhone4発売。でも、そろそろ5の影が…
さすがの1位キープ!プラズマクラスター搭載のシャープ サイクロン掃除機 【売れ筋チェック】
見たままの美しさを手軽に再現―カシオのデジカメ【売れ筋チェック】
コンパクトサイズが根強い人気。 パナソニックのパーソナル冷蔵庫がV2達成【売れ筋チェック】
憧れのプラズマテレビに手が届く喜び―ビエラS2シリーズ快進撃は続く【売れ筋チェック】