インテルのエトーが負傷、コッパ・イタリア準決勝ローマ戦は欠場

写真拡大

 インテルに所属するカメルーン代表FWのサミュエル・エトーが左足首を痛め、19日に行われるコッパ・イタリア準決勝第1戦のローマ戦を欠場することになった。

 エトーは16日のパルマ戦にフル出場していたが、試合中に相手選手に左足を踏まれ、足首をひねっていた。

 詳しい離脱期間は明らかにされていないが、19日のローマ戦には欠場することになっている。

 インテルは、オリンピコで行われるローマ戦をディエゴ・ミリートとジャンパオロ・パッツィーニのツートップで臨む予定。

【関連記事】
インテル長友、コッパ・イタリア準決勝第1戦で公式戦4試合連続のスタメン出場か
モウリーニョがインテル復帰準備か…子どもの再入学手続きへ
インテル敗戦に現地紙も厳しい評価「右サイドは長友のポジションではない」
【戸塚啓コラム】長友と内田が欧州最高峰の舞台で見せた新たなステップ
デフォーが教えるフィニッシャーの心得