台湾紙・中国時報は、日本政府による震災義援金感謝の新聞広告を台湾で実施しなかったことについて、一部の日本ネットユーザーが怒っていると報じた。写真は3月18日、日本への義援金を募る台湾の特別番組。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=50687">

写真拡大

2011年4月、台湾紙・中国時報は、日本政府による震災義援金感謝の新聞広告を台湾で実施しなかったことについて、一部の日本ネットユーザーが怒っていると報じた。16日、環球時報が伝えた。以下はその抄訳。

震災から1か月を迎えた11日、日本政府は米国、英国、フランス、中国、ロシア、韓国の新聞と国際英字紙ヘラルド・トリビューンの計7紙に感謝状の広告を掲載した。4月13日までに48億5374万台湾ドル(約141億円)もの巨額の義援金を提供した台湾では、新聞広告は出されなかった。

【その他の写真】

中国本土の3億4000万円(3月末時点)、韓国の16億円と比べても台湾の義援金額は突出している。それなのになぜ台湾の新聞に感謝の広告を掲載しなかったのか。そう不満に思うネットユーザーは少なくない。一部では有志でお金を集め、民間で感謝広告を掲載しようという動きが広がっている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
ジャッキー・チェン、失言事件に続きまたスキャンダル!四川大地震の義捐金未払いが発覚―中国
<四川大地震>在外華人による義捐金170億円に―中国国務院
<四川大地震>企業の「慈善ショー」過熱、義捐金不払いも―中国
<大雪>国内外からの義捐金と救援物資340億円分、各被災地に配布―中国
<大雪>被災地への義捐金・援助物資が170億円を超える―中国