レオナルドが長友を絶賛…コパ・アメリカ参加にも理解を示す

写真拡大

 インテルを率いるレオナルド監督は、チームが厳しい状態の中で高いパフォーマンスを示し続ける日本代表DF長友佑都に対し、高評価を与えている。クラブの公式HPが伝えた。

 レオナルドは長友のパフォーマンスについて、「長友は本当に良くやってくれている。このシチュエーションで、高いパフォーマンスを披露することは簡単ではない。我々が期待していることを、体現してくれている」とコメント。長友のプレーぶりに満足していると話した。

 また、日本代表のコパ・アメリカ参加に伴い、長友も招集される可能性が高くなっている。仮に参加した場合、来シーズンへ向けたチーム作りに支障が生じるとも考えられる。

 この件についてレオナルドは、「すべてのプレーヤーにとってプレシーズンでの準備は重要なことだ。コパ・アメリカはその準備期間と重なるだろう。ただ、これはオフィシャルなトーナメントなんだ。我々にとって彼らのコンディションに注意を払う以外にできることは多くない。ただ、これは長友に限らず、多くの南米人プレーヤーにとっても同じことだ」と語り、参加へ一定の理解を示している。

【関連記事】
インテル長友、今冬にボローニャかローマへ移籍していた可能性も
イギリス紙「モウリーニョがマンチェスター・Uの指揮官就任に自信」

ヒディンクのチェルシー行きをトルコサッカー協会が否定
トーレスへの批判が集中…英紙は「GKより走らない」と酷評
マンUがハーグリーヴスを放出へ「決断を下す必要がある」