パナソニック ビデオカメラ

4色のカラバリがあるTM45

卒入学シーズンといえば、デジタルビデオカメラ。昔はサイズも大きく男性が扱うものというイメージが強かったが、最近は軽量化もすすみ、女性でも利用するケースが増えてきた。

GfK Japanによる全国有力家電量販店のPOSデータ集計による数量順ランキングによると、現在(2011年3月28日から2011年4月3日)、No.1はパナソニックのHDC-TM45となっている。わずか193gと軽量で、小さなバッグにもすっぽり入ることが評価をされているようだ。実売価格は5万5300円と手頃で、ボディーカラーもベリーピンクやチョコラブラウンなど4色そろえる。

■ とにかく軽い! 193gも本体重量でいつでも持ち歩けるTM45
TM45は重さ193gと軽く、毎日持ち歩いても苦にならない。サイズも手のひらサイズで、バッグの中に簡単におさまる。


■iAズーム42倍&ハイブリッド手ぶれ補正で初心者でも安心
運動会や発表会な、子どもイベントは遠くから撮ることが多い。光学ズームだけでなく、デジタルズームを利用しての撮影になりがちだ。ただデジタルズームを使いすぎると、画質の劣化が目立ったり、手ぶれが激しくなってしまったり、デメリットも多かった。

TM45ではiAズームを搭載。これはズーム倍率が光学領域を超えてもハイビジョン画質の美しさを保てる技術だ。これならズームで子供に寄っても映像は美しいままになる。

手首のタテ・ヨコの動きによる手ぶれに加え、腕の上下・左右の動きによる手ぶれも検出できる機能を備えており、ズーム撮影時に気になっていた細かなぶれを抑えることもできるという。


■撮った後の編集も簡単
撮った映像の特徴や撮影時の操作情報から、重要度の高いシーンを自動検出し、シーンのつなぎ目に演出を自動挿入して再生する「おまかせムービースライドショー」を搭載。演出モードは4つから選べるので、撮影後、ちょっと気の利いたムービーショーを見せるのには最適だ。誰でも手軽に演出の楽しさを体験できる。


■こんな人向け
CMタレントが森高千里さんであることからもわかるとおり、小さいお子さんのいる女性におすすめ。かわいいボディーカラーと持ち歩きやすいサイズと重さ、そして簡単な操作性は、実際に触ってみると魅力的に感じるだろう。

当然、撮影した映像は液晶テレビで再生したり、BDレコーダーなどで記録もできる。

パナソニック デジタルビデオカメラ TM45
http://panasonic.jp/dvc/tm45/

(編集部)

■関連記事
驚きの2万円以下!ブルーレイディスクプレーヤーWeekly No.1のレグザ【売れ筋チェック】
4万円を切った! 液晶テレビNo1をレグザが奪取【売れ筋チェック】
帰ってきた「GOPAN」、注文受付再開
【業界初】200度スチームでふっくらご飯が炊ける炊飯器が6月登場
どんなものも吸引してしまう? 乾湿両用掃除機