まほうびん


電気ポットで沸かしたお湯を保温機能であたため続けると、意外に電力を使ってしまうという指摘はテレビ番組などでもすっかりおなじみだ。

そこで、あえて電気ポットという選択肢が浮上するのはどんなときか。特定の時間に人が集まり、たくさんの飲み物を用意する必要にせまられるから、という答えが多いにちがいない。

■給湯・保温ともに通電していなくても使える設計

節電とおもてなしのジレンマを解消する電気ポットが、タイガー魔法瓶から発売されているVE電気まほうびん <とく子さん PREMIER(プレミア)>PVS-G300だ。過去14日間の使用状況をポットが記憶し、自動的にヒーターのオンとオフを切り替える。ちなみに、ポットが「使わない時間」と認識するのは、3時間以上のブランクだ。ヒーターのオン・オフはこの自動設定だけでなく、3・6・9・12時間節電タイマーによる設定もできる。

電気ヒーターがオフになっている間は、高真空2重瓶(いわゆるふつうの魔法瓶に、冷めにくい工夫をさらに加えたもの)としてお湯を保温。プラグを抜くと時間経過とともに冷めるとはいえ、3時間たっても約90度以上をキープする。給湯ボタンは電動と手動エアー(空気圧で吸い上げる、懐かしのポンプ)給湯の2種類がついている。停電でもお湯が確保できるのだ。

しかも保温の温度は、熱湯だけでなく全6段階(98℃・90℃・85℃・80℃・75℃+まほうびん保温)に調節できる。さまざまな飲み物に適した温度が選べるだけでなく、料理の下ごしらえにも便利だ。

毎日の節電と停電時対応を一石二鳥でしとめる電気ポット。実に心強いパートナーになりそうだ。


■スペック

メーカー希望小売価格:26,250円 (税抜25,000円)

年間電気代※ PVS-G300……約4,800円
1日当りの電気代※ PVS-G300……約13円
※ JEMA(日本電機工業会)自主基準による測定(室温23℃、湯わかし2回/日、再沸とう1回/日、保温90℃で23時間/日、365日/年)、電気料金目安単価22円/kWh(税込み)で計算。
※ 1日の電気代・消費電力量は、季節による周囲温度等の条件により変動する場合があります。

品番:PVS-G300
容量:3.0L
湯わかし時の消費電力:905W
1日当りの消費電力量:0.60kWh/日
年間消費電力量:218kWh/年
サイズ(約)(cm)
幅×奥行×高さ:23.6×30.1×30.7
本体質量(約):3.6kg

VE内容器:○
スーパーHK(ヒートキープ)構造:○
とく子さんコース:○
節電タイマー:(3・6・9・12時間)
6段階保温設定選択:(98・90・85・80・75・まほうびん)
自動ロック電動給湯:○ (レバー式)
コードレスエアー給湯:○
お知らせブザー:○
液晶表示:○ クリア液晶(グリーン)
沸くまで何分表示:○
キッチンタイマー:30分
水量計:○ 斜め横からも見やすいワイドパネル
給湯量表示:○
内容器:遠赤フッ素加工


タイガー魔法瓶:VE電気まほうびん
http://www.tiger.jp/product/02electricthermos/pvs_g.html

(小松ミユキ)

■関連記事
5万円を切る価格でBDレコーダーNo1をディーガが奪取【売れ筋チェック】
震災の影響? 4月発売と同時に除湿器部門でNo.1のパナソニック【売れ筋チェック】
193gの軽量さが人気? デジタルビデオカメラNo1をTM45が奪取【売れ筋チェック】
「家電芸人」で注目・品薄状態になった首専用の低周波治療器
5万円を切る価格で液晶テレビNo1をアクオスが奪取【売れ筋チェック】