人間の体温や、空気中の電波を用いた方法など、携帯機器を充電する方法としてさまざまなものが研究されていますが、なんと「心臓の鼓動」を利用して発電することでiPodや携帯電話を動作させるための技術が登場しました。

つまり「心臓が動く限り発電し続けることができる」という、なかなかとんでもないことになるようです。

詳細は以下から。
Apple iPod 'could be charged by the human heart' - Telegraph

この記事によると、アメリカのジョージア大学に所属するZhong Lin Wang博士が、バッテリーやコンセントを使用せず、体の動きを用いることで動力を供給する技術の実現に向けた一里塚となる発表をアメリカ化学会の定例学会で行ったそうです。

Wang博士は曲がった時などに微弱な電気を発生させることが可能な、人間の髪の毛の500分の1ほどにあたるナノサイズの酸化亜鉛でできたワイヤーを数百万本束ねることで発電できる5つのナノジェネレーター装置を開発し、単三電池を2本を用いた時と同じ、3ボルトの電圧の出力に成功。なお、電流は1マイクロアンペアとのこと。

あくまで実用化の段階に至っているわけではありませんが、このジェネレーター装置を用いることで、歩行や心臓の鼓動など、人間のあらゆる動作で発電が可能になるとされています。

また、現在も改良のための研究が続けられており、さらにワイヤーやジェネレーター装置を追加することで、いずれiPodや携帯電話などを動作させるために十分なエネルギーを生じさせることができるであろうとWang博士は述べています。

・関連記事
新型大容量外付けバッテリー「PES-8800S」の詳細が判明、スマートフォンなどをガンガン充電できる「PES-8800」が進化 - GIGAZINE

スマートフォンなどを複数回充電できる大容量外付けバッテリー「PES-6600」発売決定、コンパクトな軽量モデルに - GIGAZINE

停電時でも携帯電話やスマートフォン、ノートパソコンを充電できる大容量外付けバッテリーまとめ - GIGAZINE

スマートフォンやタブレット端末の充電時間を「半分」にする技術が実用化へ - GIGAZINE 記事全文へ