「お父さん」といっしょに被災地を応援

   ソフトバンクモバイルでは東北関東大震災に対する義援金プロジェクトとして、「白戸家のお父さんデジタルコンテンツ」を2011年3月12日から提供している。

   販売されるのは、同社CMの人気キャラクター「白戸家のお父さん」の写真やイラストを使った待ち受けアプリ。絵柄は3種類で、売り上げは全額被災地のため寄付される。

   同社では3月16日から「ソフトバンクチャリティダイヤル」(*5577)も開始する予定。また被災地には支援団体を通じて携帯電話の無償貸し出しを行う。

   デジタルコンテンツの購入・寄付は特設サイトからで、期間は3月31日まで。「Yahoo!ケータイ」トップページ→「お知らせ」→「東北地方太平洋沖地震義援金受付」の手順でアクセスできる。価格は105円、315円、525円の3種類。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!