フェイエノールト宮市も日本へメッセージ「一人でも多くの命が救われますように!!」

写真拡大

 13日に行われたオランダ・エールディヴィジ第27節のNAC戦で、フェイエノールトFWの宮市亮が日本へメッセージを送っている。

 フェイエノールトは日本で起こった東北太平洋沖地震を受けて、喪章をつけてプレー。6試合連続のスタメン出場を果たした宮市は、この日も得意のドリブルでチャンスを演出し、積極的にシュートを放った。得点にこそ絡めなかったもののフル出場を果たし、2−1での勝利に貢献している。これでフェイエノールトは3連勝とし、無敗記録を6試合に伸ばしている。

 試合後、宮市は「一人でも多くの命が救われますように!!」と日本語で書かれたアンダーシャツ姿になり、大震災のあった日本へメッセージを送っている。

【関連記事】
吉田とカレンが所属するVVVは喪章をつけてプレー「たくさんの人が日本の事を心配してくれている」
初スタメンのマジョルカ家長「困難に立ち向かう日本の皆さんを誇りに思う」
第二の故郷にエールを送る香川真司「東北に少しでも勇気を与えられるようピッチで活躍を」
バルサとレアルも日本へメッセージ、レアルは喪章をつけてプレー
【若手カメラマンのドイツ奮闘記】吉田選手が込めた思い