複雑な通信をカンタンにお勉強

写真拡大

   日進月歩の通信業界ではあるが、いま抑えておかねばならない「基本」はある。それを教えてくれるのが、ソフトバンククリエイティブのイチバンやさしい理工系シリーズから2010年12月18日に発売された新刊本『「通信」のキホン』(著・井上伸雄)だ。

   同書は、有線・無線の高速通信技術のすべてを、「IPネットワークのしくみ」「通信&ネットワークがわかる辞典」などの著書がある多摩大学客員教授の井上氏が丁寧に基礎から解説している。

   「ネットワークの基本」「インターネットの基本」「携帯電話の基本」「信号の伝送」の4章構成。SkypeやWiFi、イーサネットLAN、第3.9世代携帯電話「LTE」といったものの基本的な説明はもちろん、時代に合わせてデジタル信号の最新技術などについても、豊富な図解(オールカラー)とともに分かりやすく伝えている。

   大型本、192ページ。 定価1575円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!