ウィキリークスも もうすぐお払い箱に?!

写真拡大

資金が底をつく

秘密情報公開サイトのウィキリークスが、創設者ジュリアン・アサンジ氏の逮捕以降、スタッフ不足と資金不足に陥っているという。そのせいで、世界的によく知られる人物の脱税を暴けずにいると、CNNが報じている。

アサンジ容疑者は、性犯罪でまずスウェーデンに身柄を引き渡され、その後アメリカへ移送されるのではないかと言われている。

アサンジ氏 寄付を募る

誇大妄想癖とうわさされるアサンジ容疑者は現在保釈中だが、2月に入ってフェイスブックのアカウントを開き、オンライン決済サービスペイパルのリンクつきで、こう嘆願している。

君たちの助けを必要としている。寄付を。

スイスの『Tribune de Geneve』紙によると、ウィキリークスの経費は月60万ドルとされているが、その使途は不明だという。

インターネットに関する法律に詳しいハーバード大学のJonathan Zittrain教授はこう語る。

ウィキリークスは線香花火のようなものだ。明白なビジネスプランもなければ、信念を持った創設者グループもいない。

後釜を狙っているサイトはいくつかあるが、ウィキリークスの今後も気になるところだ。

▼外部リンク

ウィキリークス 不安な今後の行く末

■関連記事
龍馬ブームを終わらせるな!高知県の取り組み
ロシア副首相がGoogeleを批判「エジプト民衆を操作」
革命家の手には携帯電話! 北アフリカと中東でのインターネット浸透率
「ジャスミン」は禁句 中国の反体制抗議行動の裏で
米国陪審員選定 フェイスブックを参考に