食べながら、森を思いやるチョコレート?

写真拡大

   明治製菓は、森林再生を考えた農法=アグロフォレストリー農法で栽培されたカカオ豆によるチョコレート「アグロフォレストリーチョコレート」を、2011年3月8日に発売する。使用したカカオ豆はブラジル・トメアスー農園限定のもの。

   アグロフォレストリーとは、農業(agriculture)と林業(forestry)を合わせた言葉で、「森をつくる農業」ともいわれる。森林伐採後の土地に、自然の生態系を守りながら多様な農作物を栽培する農法で、ブラジルのトメアスー地方では移住した日本人移民を中心に取り組まれている。

   ブラジル産カカオ豆の特長である華やかな酸味を生かして、コクのある味わいの「ミルク」と、キレのある味わいの「ビター」の2種類をラインアップした。

   価格は158円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!