長年親しまれた「A300-600R」ともお別れ

写真拡大

   JALツアーズは、2011年3月に退役を予定しているエアバスA300-600R型機に搭乗する特別ツアーを11年2月16日に発売した。

   日程は11年3月12日〜13日の2日間で、12日に羽田空港内で撮影会を行うほか、JAL本社(東京・品川区)でトークイベントを実施。翌13日に羽田空港から中部国際空港(セントレア)にA300-600R型機で向かい、現地で解散する。

   料金は1人2万1800円で、12日の宿泊費は含まれない。申し込みは電話(050-3155-3322)のみで受け付ける。詳細は特設サイト(http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/421/)まで。

   A300-600R型機は、当時の日本エアシステム(JAS)が1991年に導入した航空機。JASと経営統合した日本航空(JAL)が、羽田空港と地方空港を結ぶ路線で運用していたが、経営効率化のため11年3月26日に退役することが決まっている。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!